博士の愛した数式【映画】


テレビをつけたら、やっていたので、鑑賞。
原作は大分前に読みましたが、映画版は初めて。


静かな愛情に満ちた、静かな日常。
今の所、特に盛り上がり所もない、のですけど。


ちょっとした一言に、行動に、泣きそうになります。
……疲れてんのかな、私。

久しぶりにカウンターとアクセス解析を復活させたら、検索がキチメガばかりで笑えました。
そりゃね、そうだろうね。


音楽つながりで話題転換。
カウントダウンTV鑑賞中。15thだそうで、色々振り返る趣向らしく。
私は、最近の音楽はもうさっぱり…な、一応若者としてそれどうよ?な輩なのですが。
90年代後半の曲は、やばいです。懐かしい。
パフィーとかジュディマリとか、スピッツとか、ド真ん中にきますなぁ。


当時からしてなかよしとジャンプの愛読者で、既にヲタの片鱗を覘かせておりましたが、今に比べたらとってもキレイでした。特に第3四半期。……第4四半期になると、ちょっと周りの見えていないイタイ時期に突入してしまうのでアレですが。


…よごれっちまった悲しみをひし、と噛み締めつつ。


コムロ、老けたなぁ…。


スピッツとポルノのライブ行きたい。
生歌聴きたいよう。

Contrast 佐伯克哉~鬼畜眼鏡 キャラクターソングCD~

Contrast 佐伯克哉~鬼畜眼鏡 キャラクターソングCD~

Contrast 佐伯克哉~鬼畜眼鏡 キャラクターソングCD~


久しぶりに更新したと思ったらこれかよ!…と、言われそうですが、これです。



感想:平井達矢は神だった。



……以上。



と、言うわけにもいかないので、もうちょっと感想を。
かーなーりー長くなる&確実にネタばれなので、仕舞います。



ネタばれはアレだけれど、興味がある方は


http://www.team-e.co.jp/sp/kichiku_song/


↑へGO!
別にティームエンターテイメントの回し者ではありません。
9月中だけカウントダウンボイスが聞けます。
第三回には平井さんの一人「三役」が聞けますよー。
「<俺>達1人が非っ常〜に苦労した」という言葉が、文法的に間違っているようで、意味的には正解なのが笑えました。

続きを読む

以前書いた事、全然守れてません。
今年度入ってから、1回も感想書いてないってどうよ。何の為のブログですかここは。


漫画はまあ…ちょこちょこと読んでます。時間掛からないし。
しかし、本が読めない。
買った本が詰まれて行きます。
通勤列車の中で少しずつ読み進める薬屋が、唯一の癒し。リベザル可愛いよリベザル。


折角夏の文庫フェアも始まったのになぁ…。
近頃は定番文学の装丁変えるのが流行ってるようです。
新潮文庫の100冊は、毎年あんまり内容が変わりませんな。
そろそろ、読みたい本が少なくなってきて困ります。
三社のキャラの中で、yonda?君が一番好きなのにー。ショッピングバック欲しいよぅ。